屋根塗装が大切な住まいの美しさを保つ!知っておくと役立つ屋根塗装の情報をご紹介します

このサイトでは、マイホームをお持ちの方でリフォームを検討されている場合に向けて、知っておくと役立つ屋根塗装の情報をご紹介しています。
サイト内では屋根の塗装を行う場合自治体の景観条例などにより使える色に制限があるケースや、屋根の塗装で実際に利用されているペンキの種類やそれぞれの特徴についてもわかりやすく紹介しているので、今回初めてマイホームのリフォームを行うという場合にこの情報を参考に、施工方法や業者選びなどを行いましょう。

屋根塗装が大切な住まいの美しさを保つ!知っておくと役立つ屋根塗装の情報をご紹介します

住宅は築10年を目安として、定期的にメンテナンスを行うべきだといわれています。
メンテナンス内容は住宅の状況によって異なりますが、主に外壁塗装や屋根塗装が行われることが多く、特に屋根塗装は時間と共に塗料が劣化して色あせた屋根を美しく仕上がります。
屋根塗装を行う真髄として、塗膜が万全な状態に回復することで防水性や防錆性が高まり、雨漏りのリスクや屋根材の耐久性が高まるメリットがあります。
また塗装を新しくすることで、屋根下地部分に起こりやすいカビやスレートのコケを抑え、抗菌性が得られることや、遮熱性や断熱性が高まることで自宅の冷暖房コストを下げることができます。

ピンからキリまで?屋根塗装の気になる費用の相場

これから屋根塗装をしようと検討している方がいるはずです。
屋根は雨風にさらされたり、強い日差しを浴びて家の中で特に劣化しやすい箇所なので、屋根塗装をしないと家の寿命が短くなってしまいます。
屋根塗装をする際に気になるのは、やはりどのくらいの費用がかかるかになると思われます。
一般的な2階建て住宅の場合の相場は、40万円から60万円です。
使用する塗料によって費用が結構変わるので、相場よりもっと安く抑えることができますし、品質の高い塗料を使用すれば高額になるため、ピンからキリまで様々です。
安く抑えようとする方が多いのですが、安く抑えることに固執するべきではありません。
確かに安く済むのは魅力ですが、安くしようとこだわりすぎたことで品質が悪かったり、耐久性に問題が生じてしまっては本末転倒です。
家に長く住み続けるために屋根塗装をするわけなので、多少高くなったとしても信頼できる業者に依頼することが重要です。

自治体が提供している助成金でお得に屋根塗装をする方法

屋根塗装を安上がりに済ませたい場合、地方自治体などがやっている助成金を利用するとお得にできます。
通常の費用であれば100万円くらい必要なことも多く、少しでも屋根塗装の費用を軽減することは大事なことです。
こういった助成金のシステムは自治体が用意しているので、それぞれの地域によって提示されている条件に違いがある。
上限が30万円までとか、総額の10%負担をするなど、条件を確認しておくことでお願いすることができます。
施工する前に見積もり申請をしておくことで、費用がいるのか自治体が負担するのかわかりすいといえます。
条件としてあるのが税金を滞納していないことや、建築基準法を守られているのかが見られます。
書類作成をして自治体の担当者にみてもらいますので、ルールを守っている市民であるのかどうかは、大きなアドバンテージです。
事前相談をやっていますし、施工前の写真なども、地域によっては重要な度合いが強いといえます。

屋根塗装は定期的に施工する必要がある

自宅をよい状態で維持するためには、定期的にメンテナンスを行う必要が出てきます。
一般的に住宅のメンテナンスで行われるのは外壁塗装や屋根塗装などが挙げられます。
特に「屋根塗装」は、自宅で使用されている屋根の種類によって必要か、不要かが異なりますが、ストレート屋根やセメント瓦、モニエル瓦や金属系と呼ばれるタイプは定期的な屋根塗装の施工が必要です。
屋根を塗装する必要性とは、屋根は常に紫外線を浴びている場所であり住宅の中でも経年劣化が起こりやすい特徴があります。
小さな劣化箇所でも雨水が侵入しやすくなり、加速度的に劣化が進行し、最悪住宅内の雨漏りやカビ、シロアリを誘発する危険があります。
雨漏りやカビ、シロアリの発生で腐食が進行すると、マイホームが寿命を迎えてしまう危険もあるので、メンテナンスが重要になります。
屋根塗装を行うと、塗膜が劣化した部分を覆い雨水の侵入をブロックし、防水性を維持することが可能です。

屋根塗装は地域の気候や風土を理解した地元の工務店がおすすめ

屋根塗装をするのに、大手業者と地元の工務店ならどちらを選べばよいでしょうか。
どちらもメリットとデメリットはありますが、費用の面を考えると地元の方が安くて済みます。
それは大手業者の場合は施工を下請け業者に任せることが多いので、そのマージンが発生する分高くなります。
その点地元業者なら社内の職人が作業をするので、安くなる場合が多いのです。
次に津合う塗料や塗り方ですが、大手業者の場合は塗料の特徴や費用を説明してお客様に選んでもらうという形が多いです。
お客さんは屋根塗装に関しての知識があまりないので、費用が安いという理由で選び、それがその地域の風土に合った塗料かどうかはよくわからない状態で選んでしまいがちです。
一方で地元業者の場合はその地域の気候や風土のことを知り尽くしているので、プロの目でどの塗料で屋根塗装をするのが適しているのかを見極め、それをお客さんに提案することができます。
お客さんの要望や変更にもすぐに対応することができることもメリットなので、屋根塗装は地元の工務店に依頼をすることが勧められます。

著者:大高正文

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
趣味のDIYが高じて自分で自宅の屋根塗装を行う。
自分の経験をもとに屋根塗装に関する記事をまとめました。
横浜 屋根塗装